#美容 hashtag on Twitter
See Tweets about #美容 on Twitter. See what people are saying and join the
conversation.(続きを読む)

業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。

例えば、カタカナでエッセンと書く言葉があります。実は、食事休憩をとりますよ、と仲間うちだけに伝わるようにしたものでどこでもよく通用します。このエッセンという言葉自体には、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな時代の名残ですが、とにかく現在に至っても普通に使用されているようです。

大方の場合、看護師の職はハードワークだと言われますが労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、途中で休憩をとることはとるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。

労働時間が長いということも一般的に、看護師の勤務というものがハードだと思われやすい理由になっていると思います。
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、まじめに勉強していた学生にしてみると、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。
看護師を養成する学校というのは看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。

休みを自由にとれて、やりたい仕事を選べたりもする、等々が派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。
仕事は、単発のものや短期のもの、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合はできれば、派遣で働くということも考えて求職してみても良いのではないでしょうか。私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、中学での職業体験でのことでした。私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのがきっかけとなりました。大人になって仕事に就くならこういった職業で働いていきたいというように思い続けてそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。いやなこともありますが、おおむね満足した日々を過ごしています。
以前は疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近頃では徐々に男性看護師も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分より職業的な高みを目指していけるということです。

笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、看護師は人気が高いと思うのですが、意外と未婚の人が多いようですね。
具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は早婚と晩婚が極端に分かれていると判明しました。結婚が遅くなる人に多い理由は、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、地位を上げるために結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使という呼称があるほど、一般的には印象良くとらえているという人が多いでしょう。

とは言え、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、もちろん待遇はそれなりですが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。

たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。

美容院でのトリートメントをしたくない人です。 たまにだったり、カット後ならいい…
美容院でのトリートメントをしたくない人です。 たまにだったり、カット後ならいいのです。 カラーや縮毛矯正等で傷んだ後に上からコーティングしたくないんです。 中にはそんな人も居ると思います。 値段が高くなるだけではなく、縮毛矯正やカラーの後にトリートメントをすると薬液が落とし切れていないままコーティングされてしまうと聞いたからです。 その話が正しいか正しくないかにせよ、私は家でセルフケアすれば十分だと思ってしまうのです。 自分がいつも担当していただいているのは指名料が割と高くかかる美容師さんで、トリートメントを断ると髪がどんどん傷んできますよ?とまるで脅すみたいに言ってきます。 ヘラヘラした感じの男性で、いつも疲れてしまいます。 それでも断ったら、空気が重くなったと感じたのか、まぁ、傷まない縮毛矯正があればいいんですけどね〜みたいに言ってきて嫌な気持ちになりました。 傷まない縮毛矯正なんてあるはずがありません、それを承知でかけているんです。その他諸々会話していて知識の無さに呆れました。 前にもカラーを流す時間になっても長電話をしていて、終いにはかなり髪が傷んでしまった事もありました。 彼女自慢や私の気にしている髪の太さを何度も強調してくるのも嫌でした。 別にいいんです、美容師さんにそこまで求めている訳ではないんです。 ですが、メニュー位自分で決めたい。 美容師さんもお仕事なのは解ってはいるのですが…こちらも精一杯の奮発のつもりで毎回縮毛矯正を掛けに行っているので、自分にメリットの感じないトリートメントを受けたくないのです。 断ってもトリートメントのメニュー表を目の前にチラつかせたままいつまでも片付けないのは内心いらいらします。 途中、とても空気が悪くなって何となくすみません、と口に出してしまったのですが、は?みたいな反応をされて惨めで早く帰りたかったです。 トリートメントを断るので金にならない客だと思われているのかも知れません…まともに会話をしてくれたのはトリートメントをした初回だけでした。 私の信頼している美容師さん(遠くなので通えない)の美容法を話したりするとまるでその人がおかしいかのように変な人だと否定したり、まるで自分の技術、知識が一番だと思っているかのようでした。 使用しているシャンプーを聞かれたので美容院で有名なシャンプーだと名前を出したら いや、知らんけど、使ったことないしいいかどうかは知らないけど〜みたいな事を言われて意味不明でした。 私は何も言えず心の中でツッコミまくりでした。 もうこの美容院には通わない方がいいのかと本気で悩み始めています。 通勤途中にあり(近い)落ち着いた雰囲気でそれ以外は気に入っていたので迷います。 でもこの先もトリートメントを勧められ続けるのだと思うと…通うのなら付き合いでトリートメントするしかないのかもしれません(何分田舎なので妥協するしかない) まぁ何れにせよもうこの方は指名したくはないのですが…。 行きたいけど、今日の事を思うともう行かない方が…と思ってしまいます。 美容院…本当に悩んでいます。 補足 その美容院の口コミを読んでいたらトリートメントをした方にもしていない方にも次回はトリートメントも!とかぜひ続けてくださいとかトリートメントのごり押しだったので、やっぱり今の所より施術料や交通費でお金がかかるけれどもう他にしようかなと思いました…。(続きを読む)